【禁断の世界】不倫をすすめる出会い系サイト6個を実際に使ってみた僕の感想と評価

  • 「不倫相手が見つかる出会い系はどこ?」
  • 「既婚者同士が出会えるサイトってある?」
  • 「不倫って実際どうなの?」

不倫に興味がある人もいると思います。もちろん世間的に認められている行為ではありません。しかし、現実的に不倫は蔓延しています。

不倫願望が強い人や相手が既婚者でないと燃えない人もいるでしょう。

そこで「不倫相手が探せる出会い系サイトってあるのかな?」と疑問に思ったので探してみたところ、【不倫に特化した出会い系サイト】が6個見つかったので、実際に登録して使ってみました。

不倫サイトに対する結果を表したレーダーチャートグラフ

不倫サイトを使った結論

  • 不倫に特化した機能は特になし
  • 既婚者が集まりやすいサイトはある
  • こっそり相手を探すには便利
  • アダルトな関係は作りやすい

先に結論から言うと、こんな感じです。現実社会より出会い系サイトのほうが【不倫相手を探しやすい環境】であることは事実です。

実際に既婚者同士が出会えるおすすすめのサイトもあるので合わせて紹介します。

不倫ができる出会い系サイト6個を実際に調査してみた

まずは、不倫がしやすいサイトを見つけるため、Googleで「不倫 出会い系サイト」と検索しました。

Googleで「不倫 出会い系サイト」と検索した結果
すると、このように広告を含めて不倫に関する出会い系サイトの情報が表示されます。

その検索結果の上位から「不倫相手が見つかる」というキャッチコピーを掲げていた出会い系サイトを6個見つけることができたので、実際に登録して使ってみました。その感想や評価についてお伝えします。

ビクトリア・ミラン(Victoria Milan)

ビクトリア・ミラン(Victoria Milan)

ビクトリア・ミランは本社がノルウェーにある世界的に有名な出会い系サイトです。登録する際に名前を決めようとしたら、10回以上「使われています」と表示されて決めるのが面倒でした。

実際に使ってみたけど、日本人の会員が全然いません。表示された女性は29人だけです。8割は写真を載せていないため、全く興味が湧きません。

メールを送るには有料会員になる必要があります。最低3ヶ月の定額制からしか利用することができないので、1ヶ月限定では使えません。

退会手続きが見当たらず退会することもできませんでした。今では登録したことを後悔しています。

ビクトリア・ミランの特徴

  • 既婚者&交際中の男女専門の出会い系サイト
  • 日本人の会員はほぼいない
  • 使い方も難しいし、不親切

ビクトリア・ミランの評価

項目 結果 評価
会員数 580万人 ★★★★☆
料金 男女:月3333円~ ★☆☆☆☆
業者割合 1割 ★☆☆☆☆
安全性 60% ★★☆☆☆
異性紹介事業 届出なし 認定なし

不倫パートナーを探そう

不倫パートナーを探そう

不倫パートナーを探そうは提携している出会い系サイトの広告が邪魔過ぎて、使っているとストレスが溜まります。

実際に使っても女性はデリヘル嬢や風俗業者しかいませんでした。顔写真がないので、相手がどんな人かもわからない状態です。

確かに既婚者や人妻の女性が書き込んでいるけど、一般人ではありません。「エッチだけじゃなくて、恋人気分を味わいたい」と書き込んでいる業者の自己紹介ばかりがズラリと投稿されています。

このサイトで不倫相手を探しても騙される確率の方が圧倒的に髙いのでおすすめしません。

【追記→2019年6月26日に再調査したところ、不倫パートナーを探そうは検索上位から消滅。その影響で利用者が大幅に減少しています。悪質業者の温床になっていたサイトなので当然の結果です】

不倫パートナーを探そうの特徴

  • 他社出会い系の広告サイト
  • 女性に一般人はほぼいない
  • 1日約8万アクセスしかない

不倫パートナーを探そうの評価

項目 結果 評価
会員数 非公開 ★☆☆☆☆
料金 無料 ★★★★★
業者割合 9割 ★★★★★
安全性 3% ★☆☆☆☆
異性紹介事業 届出済み 番号44100005000

ザ・不倫

ザ・不倫

ザ・不倫は登録した瞬間から「これは出会わせる気がない」とわかりました。

その理由は、女性のプロフィール写真が巨乳を強調した子や半裸の人しかいなかったからです。案の定、全員業者でした。

自己紹介文も「ご褒美あげますから、エッチなお願い聞いてくれませんか?」「最近は夫婦生活もうまくいってなくて、夜の方もご無沙汰です」という、一般女性が書くわけがない文章の女性しかいません。

挙句の果てにスポンサーサイトの高額出会い系に強制登録させられました。「登録する価値は無い」というのが僕の素直な感想です。

【追記→2019年5月7日に再度調査したところ、ザ・不倫は検索上位から消え去っており、サイトも見当たりませんでした。悪質サイトだったので消滅して当然です】

ザ・不倫の特徴

  • 業者しかいない
  • 他サイトへ誘導される
  • 名前ばかりの詐欺サイト

ザ・不倫の評価

項目 結果 評価
会員数 非公開 ★☆☆☆☆
料金 無料 ★★★★★
業者割合 10割 ★★★★★
安全性 1% ★☆☆☆
異性紹介事業 届出済み 番号30120262000

不倫パートナーズ

不倫パートナーズ

不倫パートナーズは先程の【ザ・不倫】と同系列の出会い系サイトでした。サイトデザインや構成も全て一緒です。

さらには、使っている女性の写真も使いまわしています。もちろん、不倫相手など見つかるはずもありません。

女性にメールを送っても提携している有料出会い系サイトに飛ばされるだけです。何をやっても出会うことはできません。

誘導する為だけに作られている詐欺サイトなので、登録はしないで下さい。

【追記→2019年8月16日に再調査したところ、不倫パートナーズは検索上位から離脱。既婚者の出会いをサポートする意思もなく、高額な出会い系に誘導することを目的に作られた詐欺サイトだったので葬り去られて良かったです】

不倫パートナーズの特徴

  • 一般人は皆無
  • 何をやっても他サイトへ誘導してくる
  • 相手すらいない詐欺サイト

不倫パートナーズの評価

項目 結果 評価
会員数 非公開 ★☆☆☆☆
料金 無料 ★★★★★
業者割合 10割 ★★★★★
安全性 1% ★☆☆☆
異性紹介事業 届出済み 番号30120262000

アシュレイ・マディソン

アシュレイ・マディソン

アシュレイ・マディソンは不倫関係で検索するとどこにでも広告が出てくる出会い系サイトです。期待して使ってみたけど、期待外れでした。海外がメインの出会い系なので非常に使いづらかったです。

日本人の利用者は少なくて、実際に僕のホーム画面に紹介される女性の半分以上が外人でした。日本人の異性を探すだけでも大変です。会員数も少ないから、好みの女性が見つかる可能性は低いでしょう。

数少ない会員の中にはデリヘル嬢や風俗業者が紛れ込んでいます。安全面も決して高いとは言えません。何よりも過去に個人情報を流失させた経緯があるので、使う際はある程度の覚悟が必要になります。

アシュレイ・マディソンの特徴

  • 世界中で使えるけど、日本向けではない
  • 機能や利便性に不満が残る
  • 退会に1900円掛かる

アシュレイ・マディソンの評価

項目 結果 評価
会員数 34万人以上 ★☆☆☆☆
料金 メール1通125円 ★☆☆☆☆
業者割合 7割 ★★★★☆
安全性 30% ★★☆☆☆
異性紹介事業 届出なし 認定なし

不倫してみませんか?

不倫してみませんか?

不倫してみませんか?は既婚者を集めた出会い掲示板です。実際に使ってみると未婚の人が圧倒的に多いのが実情です。40代~50代の利用者がたくさんいることに驚きました。そのほとんどが業者です。

相手にメールを送るには、アドレスを登録して専用のIDを受け取る必要があります。一般人がおらず、送る相手も見つからないので「登録しなければ良かった」と個人情報を渡したことを後悔しています。

書込みは頻繁にされているけど、好みの異性を見つけるのは困難です。顔写真は載っていないので、ギャンブル的な要素もあります。正直、不倫に特化した出会い系サイトと呼ぶには程遠い気がしました。

不倫してみませんか?の特徴

  • 出会い系サイトではなく、出会い掲示板に近い
  • サイトが古いので見づらい&使いづらい
  • 不倫相手を見つけるのは困難

不倫してみませんか?の評価

項目 結果 評価
会員数 非公開 ★☆☆☆☆
料金 無料 ★★★★★
業者割合 8割 ★☆☆☆☆
安全性 5% ★☆☆☆☆
異性紹介事業 届出なし 認定なし

詳細はこちら→【不倫してみませんか?】に登録して使った結果・感想とQ&Aや評価

不倫を推奨している出会い系を調査した僕の感想

このように「不倫ができる」という出会い系サイトを実際に6個使ってみました。

「時間の無駄だった。この程度のクオリティの出会い系では不倫相手なんて見つかるわけがない」というのが僕の素直な感想です。

どのサイトも特に強みや不倫に特化した機能はありません。全てのサイトが一般的な出会い系サイトよりも質の低いサイトです。悪質な業者も蔓延している不健全なサイトでした。

おすすめのサイト【PCMAX】

おすすめのサイト【PCMAX】
今回使った不倫相手が見つかる出会い系よりも、素人の既婚者と出会えるおすすめのサイトがあります。それはPCMAXです。

不倫サイトよりPCMAXがおすすめの理由

  • 人妻や既婚者のユーザーが非常に多い
  • サクラや危険人物がいないから安心して使える
  • 利用者を騙す行為は一切していない
  • 実際に結婚している女性と会うことができた
項目 PCMAX 不倫サイト
会員数 1400万人 10万人以下
安全性 24時間有人サポート サポートなし
お試し 600円分 お試しなし
悪質業者 いない 9割
国からの運営許可 許可あり 許可なし

このように、今回使った不倫サイトと比較してもPCMAXがあらゆる面で勝っています。

【会員数・安全性・料金】どれを比較してもPCMAXが遥か上の基準を満たしていることは明らかです。

僕は5年以上使っているけど、実際にPCMAXを通して既婚者や人妻と仲良くなることができました。

無料で使える日記機能を使えば、人妻や既婚者と仲良くなることはそう難しいことではありません。

PCMAXの掲示板【既婚者OK】というカテゴリー
また、このようにPCMAXの掲示板には【既婚者OK】というカテゴリーも備わっています。

この掲示板に募集を書き込むだけで結婚している人と簡単に繋がることができます。お互いに「いいな」と思えば出会うことも可能です。

Q.PCMAXは本当に出会えますか?

A.今の不倫相手はそこで出会いましたよ。2人目の不倫相手でしたが、1人目もPCMAXでしたね。 Yahoo!知恵袋【PCMAXは本当に出会えますか?】

このように「PCMAXで不倫相手と出会えた」と口コミをしている人もいました。

危険なリスクや騙される可能性が高い不倫サイトを使うよりも、PCMAXを使ったほうが後悔することはありません。

登録 退会 無料ポイント 既婚者数
無料 無料 あり 多い

これがPCMAXの基本情報です。女性は完全無料で使えるし、男性は登録後も定期的に無料ポイントが貰えるから損することはありません。

他サイトよりも安心して出会いを探せる環境が整っているので、興味がある人は覗いてみて下さい。

詳細はこちら→PCMAXの実態と評価をヘビーユーザー(歴5年)が徹底解説【Q&Aと口コミや評判も紹介】

【公式】PCMAXを覗いてみる(R18)

不倫と浮気の違いは?

「不倫と浮気は何が違うんだろう?」と思い、調べてみたので簡単に報告します。

まず、浮気とは【結婚相手や交際相手以外の異性と恋愛・性交渉を行うこと】です。更に広い意味では「心が浮ついていること」も浮気と呼びます。

次に、不倫とは【結婚相手以外の異性と恋愛・性交渉を行うこと】です。また、民法では「特定の異性と不貞行為を繰り返す事」を不倫と呼んでいます。

浮気という大枠の中に不倫が含まれているようなイメージをするとわかりやすいでしょう。

男性の74%が不倫経験あり

厚生労働科学研究所研究班と週刊ポスト編集部が2006年に実施した男性2000人を対象とした調査によると、不倫経験者は全体の74%だったそうです。【NEWSポストセブン】また、不倫相手は「会社の同僚・部下・仕事相手」が36.5%という結果も出ています。

10人のうち7人の男性は「不倫をしたことがある」ということです。女性からすれば、不倫をしたことがない男性を探す方が難しいでしょう。

「男は不倫していて当たり前」と言われてもしょうがないのかもしれません。

女性の58%が不倫経験あり

日経WOMANが350人の女性(半数が未婚)に対して「あなたは過去・現在不倫をしたことがありますか?」というアンケートを行いました。

その結果、58%の女性が「不倫したことがある」と答えています。また「不倫相手とどこで知り合いましたか?」という質問では70.9%が「職場・仕事関係」という結果でした。

男性と比較すると女性の不倫経験者はやや下がります。しかし、半分以上の女性が「不倫を経験したことがある」ということです。女性にとっても、不倫は特別なことではありません。

不倫のリスクや被害

一般的な恋愛関係に比べて不倫関係には様々なリスクが伴います。そのリスクはお互いの人生すら壊しかねない大きなものであることを忘れてはいけません。ここでは不倫の持つリスクについてお伝えします。

家庭が崩壊

お互いのパートナーにバレてしまった際に起こる最悪な事態が家庭崩壊です。不倫を許してくれる心の広いパートナーは、ほぼ存在しません。

妻が不倫をした。夫はさらに、男性の妻にも不倫の事実を告白するよう要求。男性はこの指示に従い、帰宅後、妻子に不倫を打ち明けた。 夫の方も、病院で鬱病との診断を受けた。娘も母親の不倫に強いショックを受け、学校を退学した。家庭は崩壊した。 「日常食らい尽くす不倫の破壊力」【産経WEST】

このように夫に不倫がバレてお互いの家族が家庭崩壊したという実話も存在します。この話は決して珍しいものではありません。

不倫がバレてなお家庭円満な家族などないのです。覚悟がないまま火遊びをすると、取り返しがつかなくなります。

多額の慰謝料を請求される

不倫がばれてしまったら「ごめんなさい」では済まないのが現実です。自分のパートナーや相手のパートナーから多額の慰謝料を請求されるリスクがあります。

不倫という不法行為を行ったことに対する損害賠償請求として300万円、および不倫の証拠を押さえるための調査費用(探偵事務所の経費)70万円の合計370万円を支払え、というものである。 「不倫の“経済的”代償〜慰謝料300万、失職、家庭崩壊」【Business Joournal】

このように、不倫の代償となる慰謝料は高額です。自分のパートナーだけならまだしも、相手のパートナーからも慰謝料を請求されるというダブルパンチもじゅうぶんに考えられます。

そうなれば精神だけではなく、金銭的なダメージも図り知れません。

情報の漏えいによる詐欺や脅迫

「不倫をしている」という情報が漏れて誰かに悪用されるリスクもあります。例えば「黙ってて欲しいなら、100万円よこせ」と脅されるかもしれません。ネット上で公開されようものなら、二度と削除することはできないでしょう。

実際に情報が漏れ出た被害者を狙った脅迫メールが相次いでいる。「お前の名前がネットに流失していることを奥さんにバラすぞ。それが嫌なら、見返りとしてビットコインをよこせ。」 「詐欺師が狙う不倫出会い系サイトの「流失情報」【東スポWEB】

実際、このように不倫情報が流失して脅迫される人もいます。不倫は常に「誰かにバレるのではないか?」というプレッシャーとの闘いです。

そして、バレた時にはもう取り返しがつかなくなっているのが不倫の恐ろしさでもあります。

不倫関係で幸せになる人は誰一人いない

付き合い始めや、まだ熱が冷めない時期は幸せかもしれません。ただ、長い目で見た時に不倫で末永い幸せは得られないでしょう。実際、僕の周りでも不倫していた知り合いがいたけど、最後は泣いていました。

現に不倫をして最後まで幸せだった人の話など見たことも聞いたこともないと思います。それが現実です。

不倫に永遠の幸せなど無く、端的な幸せしかありません。非常に高い確率で不倫したことを後悔することになる人がほとんどです。

不倫は「する」のではなく「なった」

そもそも、不倫は「する」ものではありません。相手がいて、その相手も好意を持ってくれて初めて成り立つ【恋愛の延長線上】にあります。つまり「する」ではなく「なった」という結果論です。

「不倫がしたい」という人はまず相手を見つけなければいけません。そして、その相手から好かれる努力をする必要もあります。さらに、その相手に「あなたが既婚者でも構わない」と思わせるだけの魅力も兼ね備えていなければ叶いません。

何よりも自分や家族、相手の家族の人生を壊してしまう覚悟も必要です。そんな覚悟がある人はいないでしょう。それでも不倫がしたいなら、せめてワンナイトラブ程度の火遊びにとどめておくべきだと僕は思います。

関連記事

  1. 出会い系サイト

    セフレが作れる出会い系サイト・アプリを26個使った結果【成功率の高い3つの攻略法】

    「出会い系でセフレって作れるの?」「どうすればセフレができ…

  2. 出会い系サイト

    【もう大丈夫!】出会い系の詐欺や被害を解決してくれる相談所まとめ

    「悪質な出会い系サイトに引っかかってしまった…」「出会系で詐欺に遭った…

  3. 出会い系サイト

    【検証】熟女と出会えるアプリ・サイト7個に登録して使ってみた結果

    「熟女と出会えるサイトはどこ?」「年上のお姉さんと会えるア…

【迷ったらコレ!】後悔しないサービス

【恋活したい人】におすすめ

【婚活したい人】におすすめ

【アダルトな出会い】におすすめ

PAGE TOP