淫声(insay)を使ってみた結果と感想【音声投稿のおすすめサイトも紹介】

  • 「淫声(insay)てどんなサイト?」
  • 「投稿されたエロ声を楽しめる?」
  • 「危険な人はいない?安心して使える?」
  • 「音声投稿のおすすめサイトは?」
  • 「実際に使ってどうだった?」

人妻やエッチな女性のエロ声が聴ける音声投稿サイトをGoogleで探している時に【淫声(insay)】を見つけ、気になったので実際に自分で使ってみました。

淫声に対する結果を表したレーダーチャートグラフ

淫声(insay)を使った結論

  • エッチな音声が確かに投稿されている
  • エロ声を聞くことはできるけど投稿数は少ない
  • 危険なユーザーや誹謗中傷はあまり見かけない
  • 正直「エロ動画でじゅうぶんだ」と思った
  • 音声投稿のおすすめはハッピーメール

先に結論から言うと、こんな感じです。淫声を使えば女性のエッチな喘ぎ声を聴くことはできるけど、ノーマルな性癖の人では楽しめません。

その反面、「画像や動画は見たくない。エロ声だけが聴きたい」という人にとっては「いいじゃん!」と思えるサイトです。

音声投稿ができるおすすめのサイト

ここからは淫声を使ってみた結果や感想に加えて、このようにエロい女性が大勢利用している「使って良かった」と思えた音声投稿ができるおすすめのサイトも紹介します。

「エッチな声や動画を楽しみたい」という人や「淫声よりおすすめのサイトがあれば使ってみたい」という人は参考にしてください。

淫声とは?

淫声(insay)

淫声(http://insay.net/)とはセックスの最中に録音したエッチな音声や喘ぎ声を投稿したり聴くことができるサイトです。投稿された音声に対してコメントを通じて投稿者とやり取りを楽しむこともできます。

音声を投稿したり、聴くことに料金は掛からないので無料で使うことが可能です。40代の男性がボリューム層で、女性ユーザーはほとんどいません。

パソコンと携帯のどちらでも利用することができ、面倒な登録作業もないので誰でも気軽に使うことができる音声投稿サイトです。

淫声の基本情報

料金 未成年利用 年代 目的
無料 可能 30代~50代 エロ声視聴

【淫声のサイトはSSL化(インターネット通信の暗号化)がされておらず、個人情報に対するセキュリティに不安が残るため、公式サイトへのリンクは張りません】

淫声を使ってみた結果と感想やQ&A

ここからは、淫声(insay)を使ってみた結果と感想やQ&Aについて詳しくお伝えします。

【レビュー】実際に淫声を使ってみた結果

ここでは、淫声(insay)を実際に自分で使ってみた結果とレビューを報告します。

【操作に迷わない】投稿されたエロ声を気軽に聞けるシステムは好印象

早速、淫声の公式サイトへアクセスしてみると投稿された音声がズラッと表示されており、タイトルをクリックして音声ファイルのリンクを押すと再生できる画面に移りました。そこで音声を再生することができ、無駄な登録作業も必要ありません。

利用するためにメールアドレスを記入したり面倒な作業もなく、気軽にエロ声が聴けることは良かったです。投稿する側になる時はメルアドやニックネーム等、入力事項が必要だけど、音声を聴く側であればそういった作業はありません。

淫声の音声ファイルを再生するために設置されているリンク
このように、音声ファイルを再生するために設置されているリンクをクリックすればOKです。掲示板には投稿された音声の場面や内容について説明してくれている人が多く、自分の興味があるシチュエーションのエロ声を探すこともできます。

初心者の僕が使っても音声を聴くための操作に迷うことなく、すぐに再生することができました。こういった簡易的なシステムで誰でも簡単にエロ声が聴けるサービスは素晴らしいと思います。

【誹謗中傷が少ない】節度あるユーザーが多いから「危険だ」とは感じなかった

淫声に投稿されている掲示板の内容やコメント欄を覗いてみると、投稿者と視聴者のやり取りを見ることができます。相手を誹謗中傷したり、罵声を浴びせているユーザーは滅多に見かけず、「危険だ」と感じることもなかったです。

一般的にどんな掲示板でも荒らしや迷惑行為をするユーザーが一定数いるものだけど、淫声は他の音声掲示板と比較して「不快だ」と感じるユーザーが少なく、節度ある利用者が多かったことは感心しました。

音声を投稿した人に対するコメント欄
実際、このように音声を投稿した人に対するコメント欄には好意的なコメントや感謝の言葉が並んでいます。「つまらない」「こんな音声アップするな」など、ネガティブな発言や態度をとっている人はほとんど見かけません。

サイトを運営している管理人の努力やユーザー同士が気持ち良く使える環境を作り出そうとしている姿勢を感じ、「こういった掲示板なら過度な心配をすることなく使えそうだ」と思えました。

【投稿者は男性が9割】妻やセフレとのSEX本番中に録音した音声が多数

淫声を利用している投稿者やコメントをしているユーザーを調査したところ、男性ユーザーが9割を占めており、女性の利用者が全然見当たりません。妻やセフレとのSEX本番中に録音した音声を投稿している人が多く、自分で録音したエロ声をアップしている女性はほとんどいませんでした。

自分で録音した喘ぎ声を投稿している女の子がたくさんいることを期待して使ったので少しガッカリです。もしかしたら、市販されているエロ動画の一部を録音してアップしている人もいないとは言い切れません。

投稿された音声のタイトル一覧
このように、投稿された音声のタイトルに「妻の絶頂」や「セフレ」といったキーワードをたくさん見かけます。エッチをしている時に録音して、その音を編集してから淫声に投稿しているわけです。

投稿者は40代の男性が多く、あえぎ声を録音されている女性は30代後半から40代の熟女がボリューム層になっています。淫声には20代の若い世代に属するユーザーは1%もいません。「中高年が好きだ」という人には向いているけど、若い女の子に興味がある人には不向きです。

【聞く専門のユーザーばかり】1日2~3件程度の投稿数しかない

淫声ではエロ声を投稿している人と聞くことを専門に利用している人の割合が極端に偏っており、90%以上のユーザーが聞き専に徹しています。音声を投稿している人は非常に少なく、1日2~3件程度の投稿数しかありませんでした。

「さすがに投稿数が少なすぎる」と思ったけど、エロ声を録音して掲示板にアップする人なんて滅多にいないからしょうがありません。聞き専の人にとっては数少ない投稿者が頼りになっています。

投稿された音声の閲覧回数を調査結果
実際、このように投稿された音声の閲覧回数を調査してみると1000回から1万回以上まで様々でした。なかには3万回閲覧されている人気の音声投稿もあります。

昔から継続して投稿しているユーザーには固定ファンがおり、投稿するたびに聞いたりコメントがされているのが現状です。「もっと投稿者の割合が増えればいいのに」と思いました。

【エロ動画でじゅうぶん】音声だけよりも画像やGIF動画のある投稿のほうが人気だった

淫声ではエロ声だけでなく、画像やGIF動画も添付して投稿することができます。音声に関連したエッチな画像や動画が添付されている投稿のほうが閲覧数やコメントが伸びており、人気でした。

「結局、声だけよりも画像や動画が付いているエロコンテンツのほうが支持されているんだ」と少しおかしく思い、「それならエロ動画を見ればじゅうぶんだ」と思ってしまったのが正直な気持ちです。

【率直な本音】淫声を使い終わった感想

ここでは、淫声(insay)を使い終わって特に思った5つの感想を率直な本音でお伝えします。

【マニア向け】声フェチや想像力豊かな人にとっては嬉しいエロコンテンツ

「エロ声だけが聴きたい」というマニアや声フェチ、想像力豊かな人にとって「淫声は欲求を満たしてくれる嬉しいコンテンツだろう」と感じました。一般的な感覚では理解が難しいディープな世界観があり、ニッチな世界が広がっています。

僕のようにノーマルな人間が使うと物足りなく感じたり、逆に欲求不満が増大してしまう反作用があります。アダルトな市場にはマニアックなジャンルがたくさんあるけど、淫声もその一つです。

正直、使う前は「こんなサイト、誰が使うんだろう」と思ったけど、実際に使ってみると「こういったサービスも必要な人がいるんだ」と納得している自分がいました。

【同じ人が何度も投稿】新規ユーザーによる投稿が少ない

淫声の掲示板に投稿されている300件の音声投稿を調査していると、ある特定のユーザーが何度も投稿している光景を目にします。同じ人が違った場面で録音したエロ声をアップしており、そういった人が大勢いるのが淫声の特徴です。

一般的な掲示板サイトは新規ユーザーによる書き込みで運営が成り立っているけど、淫声を支えているのは新規ユーザーではなく昔から愛用している投稿者でした。

投稿を繰り返しているヘビーユーザーには固定ファンが付いていて、その投稿者が音声をアップすることを楽しみに待っているファンがいます。こういったコミュニティが形成されているのも面白かったです。

【パソコンで使おう】スマホ(iPhone)で使うと文字が小さすぎて読めない

自分が使っているiPhoneでいちばん最初に淫声へログインした時「これは使えそうにない」と感じました。その理由はスマホや携帯に対応したサイト構成ではなく、完全にパソコンで使う利用者をターゲットにしたサイト構成になっていたからです。

iPhoneやandroidで使うと表示されている文字が小さすぎるため、いちいち拡大しながら使わないと読むことができません。その作業が面倒過ぎてイライラしながら使っていました。

淫声をスマホで使った時の画面に表示されている文字や数字
このように、淫声をスマホで使うと画面に表示されている文字や数字が把握できないのです。パソコンで使うことを前提に作られたままで、時代に合わせたモバイルフレンドリーに対応していないことは非常に残念でした。

10分間連続で使っただけで目が疲れるし、サイトの背景や文字の色も読みづらいのでフラストレーションが溜まります。せっかく愛用してくれているユーザーがいるのだから、もう少しユーザビリティを改善したサイトを運営して欲しいと思いました。

【邪魔だった】エロ動画へ誘導する広告が多かったのは残念

淫声のサイト内にはカリビアンやエロ動画へ誘導するために設置されたアフィリエイトの広告がズラッと表示されています。無料で運営をしているためサーバー費用や運営費を広告収入でまかないたい気持ちは理解できるけど、広告の量が度を過ぎていました。

いちばん目に付くところへ投稿された音声や画像を表示するのではなく、スポンサー広告を張っているから利用している最中も邪魔でしょうがありません。誤って広告をクリックしてしまい、リンク先の有料エロ動画サイトへ飛ばされたことが幾度もありました。

アフィリエイトのシステムを利用していることに関して批判するつもりはないし、広告を張っても良いと思います。だけど、その広告によって利用者が不快な思いをするのであれば、張り方や設置場所を考慮してもらいたいと感じました。

【悪質サイトではない】管理人のクモさんは一生懸命に運営していた

淫声は管理人の【クモ】という人が運営しているサイトです。クモさんはユーザーの意見やお願いに対して真摯に対応しており、できる範囲の要求やサイトの改善を行っていることが管理人の掲示板を覗いてわかりました。

個人でこの規模の掲示板を運営するには目の届かない範囲が出ることもしょうがないし、違反者を24時間監視することも難しいはずだけど、淫声のサイト内は一般的な掲示板サイトと比較しても穏やかでした。

「管理人が一生懸命に運営しているのだろう」と感じ取れたことは良かったし、長年愛用しているヘビーユーザーからの信頼も厚い管理人であることを肌で感じ取ることができて良かったです。

【疑問解決】淫声に関するQ&A

ここでは、実際に使ってわかった【淫声(insay)に関する疑問】をQ&A方式で解決していきます。

音声の投稿は簡単にできる?

淫声に投稿するには自分で録音したファイルをMP3かWMAに変換してアップロードすればOKです。画像はJPEG・PNG・GIFであれば投稿することができます。1つのファイルの大きさは20MBまでで、それ以上の大きいサイズは重すぎるため投稿することは不可能です。

音声時間は20分程度であれば音割れする心配はありません。編集した音声をアップする作業も簡単なので誰でも気軽に投稿することができます。投稿した音声を削除することもできるから、失敗しても大丈夫です。

未成年でも使える?

淫声にログインする際「18歳未満の方は閲覧できません」と表示されるけど、年齢を確認するための証明書を提出する必要ありません。

異性紹介事業の届出を出していないので【出会い系】としては扱われず、単なる掲示板として認知されるため年齢確認は義務化されていませんでした。

淫声にログインする際の画面
「入場」というボタンを押すだけで利用することができるので、成人していない未成年でも使うことができます。本来であればアダルトコンテンツを備えたサービスだから、もう少し未成年が安易に利用できないよう管理するべきです。

18歳未満のユーザーがサイト内で成人したユーザーと接触して連絡を取り合った際にトラブルや危険な目にあう可能性があるのでじゅうぶんに注意して使ってください。

出会い目的で使える?

淫声はネット上での出会いを介する許可を警視庁へ申請していないため、出会い目的で利用したり、仲良くなったユーザーとLINEや電話番号といった連絡先の交換をすることはできません。出会い系サービスには属さないので勘違いしないようにして下さい。

ルールを無視して出会い目的で使おうとしてもサイト内には女性ユーザーが非常に少ないため、99%の確率で失敗に終わります。

エッチな出会いを期待してサービスを利用したいのであれば、アダルト機能を備えた優良な出会い掲示板を使うことが賢明です。

参考にどうぞ→【調査】セフレ掲示板のおすすめはどれ?実際に5サイト使った結果

架空請求されたり、高額な料金は取られない?

淫声は登録から利用まで完全無料で使えるため、架空請求されたり高額な料金を取られることはありません。「無料で使えるよ」と書いているにもかかわらず「実際に使ったら料金を請求された」ということもなかったです。

ユーザーを騙して金儲けしようとしている悪質なサイトではないから過度に心配する必要はないけど、サイト内に張られている広告は有料のアダルトコンテンツが多いので、リンク先のサービスを使う際は注意する必要があります。

淫声に対する評価

項目 結果 評価
ユーザー数 少ない ★★☆☆☆
男女比 9:1 ★☆☆☆☆
安全性 普通 ★★★☆☆
連絡先交換 禁止 ★☆☆☆☆
出会い目的 禁止 ★☆☆☆☆
満足度 やや不満 ★★☆☆☆

これが実際に使った僕の淫声に対する評価になります。「エロ声を聴きたい」というユーザーに対して音声を投稿している人の数が圧倒的に少ないことは非常に残念です。

限られた人が毎回似た投稿をしているのが実情で、毎日ログインしても新鮮味がありません。自分でエッチな声を録音して音声を投稿している女性ユーザーが全然いないこともマイナス評価の要因になっています。

アダルトコンテンツを扱っているにもかかわらず、未成年が容易に利用できてしまうセキュリティ環境にも疑問を感じました。未成年に悪影響を与えないために18歳未満はログインできないよう、年齢確認を行って規制すべきです。

「淫声が音声投稿サービスとして成長していくために必要な課題はまだまだ多い」と感じた一方で「愛用者に支えらて運営が継続されている」と実感できたことはプラス評価です。

淫声に対する口コミと世間の評判

先に結論から言うと、淫声に対する口コミと世間の評判をネット上で探してみたけど極少数しか見つかりませんでした。「使って良かった」というポジティブな口コミもなければ、「最悪」といったネガティブな評判も見当たりません。

その要因として淫声の知名度が低く、利用しているユーザーの数が少ないことが挙げられます。そのため「淫声てどうなの?」と気になっている人に対して有益な口コミや評判が書き込まれていないわけです。

他人妻の夜の声ええなあ ログ速【淫声とかいうクソエロサイト】

このように淫声を話題にしている掲示板には個人的な意見が書かれていたけど、書き込みは数件しかありませんでした。

残念ながらタメになる口コミや情報はまったく見当たらないのが現状です。気になる人は実際に自分で使ってみるしかないでしょう。

音声投稿におすすめ【ハッピーメール】

音声投稿におすすめ【ハッピーメール】
ここでは「使って良かった」「エロ音声や画像に動画も無料で楽しめる」「淫声より良かった」と思えた音声投稿におすすめのサイトを紹介します。それはハッピーメールです。

音声投稿にハッピーメールがおすすめの理由

  • 2000万人以上のユーザーがいる人気サイト
  • 毎日1000本以上投稿されているから飽きない
  • 音声だけでなく画像や動画も楽しめる
  • 淫声よりも圧倒的に女性ユーザーが多い
  • 仲良くなればLINE交換や会うこともできる

特におすすめできる理由としてエッチな画像や音声の入った動画を投稿したり閲覧できる【ハッピー日記】を無料で使えることや、利用者の安全性を最重要に運営されているセキュリティの高さが挙げられます。

他のユーザーを誹謗中傷したり、マナー違反をすれば運営からアカウント削除や利用停止といった厳しいペナルティが与えられるため、サイト内は常に健全な環境が保たれているから安心して使うことができました。

項目 ハッピーメール 淫声
会員数 2000万人 2万人前後
書込み数 1日15万件 1日3件
男女比 6:4 9:1
連絡先交換 OK NG
誹謗中傷 ない 少ない
安全性 非常に高い 普通
国からの運営許可 許可あり 許可なし

このようにあらゆるスペックを淫声と比較してもハッピーメールが劣っていることは何一つありません。特に淫声のマイナス要因であるユーザー数に関しては1000倍の差があり、人気や知名度もケタ違いです。

アダルトコンテンツも充実しているのでエロ声を楽しむだけではなく、セフレやワンナイトラブの相手を探すこともできるからワクワクしながら使うことができました。

ハッピー日記に自撮りしたセクシーな写真や動画をアップしている女性

このように、ハッピー日記には自撮りしたセクシーな写真や動画をアップしている女性がズラッと表示されます。毎日1000人以上の女性がエロ日記に画像や音声付き動画を投稿しているので毎日ログインしても飽きることはなかったです。

ハッピー日記には淫声と同じようにコメント機能が付いているから投稿者と気軽にコミュニケーションを取ることもできます。そこから仲良くなればLINEのIDやメルアドの交換も可能です。

Q.ハッピーメールって言うやつは安心安全ですか?また本当にカップルができた人はいるんですか?

A.私はハピメで知り合った男性と交際中です。4ヶ月が経ちました。ただ、ハピメは恋人目的というよりは、遊び相手やセフレ目的の人が多い印象です。私もあわよくば恋人目的でしたが、セフレでもなんでもいいと思っていた類なので良い人に出会えてびっくりしています。 Yahoo!知恵袋【ハッピーメール】

また、このように「ハッピーメールで知り合った男性と付き合っている」と口コミしている女の子もいました。ハピメは出会いを目的とした運営の許可を警視庁から得ているため、実際にサイトを通じて会うことも合法的にOKです。

恋活や友達作りを目的に利用しているユーザーも多いけど、アダルト日記を楽しむために使っている人もたくさんいるからエロ声や動画を満喫することができます。

登録は無料だし、日記機能もタダで使うことができるから損することもありません。現在、淫声を使っているユーザーでも満足できる機能とクオリティを備えたサイトなので興味がある人は覗いてみて下さい。

登録 エロ日記 音声投稿 退会
無料 無料 無料 無料

詳細はこちら→「ハッピーメールって結局どうなの?」に対する7年間使ってきた僕の結論

ハッピーメールを覗いてみる(R18)

エロ声を聴きたい人にとって淫声は価値あるサイト

「エッチな画像や動画だと興奮しない。エロ声を聴いて妄想するのが最高だ」という人にとって淫声は素晴らしいコンテンツであり、使う価値のあるサイトです。

限られた性癖を持った声フェチや「他人妻の喘ぎ声を聴きたい」と願っている人にとっても重宝されているサービスであることは実際に使って実感しています。

以前、淫声と同じ音声掲示板である【koe-koe】を使った時も同じように感じました【参考にどうぞ→Koe-Koe【音声掲示板】てどうなの?実際に使ってみた結果や感想

大衆向けに作られたサービスではなく、ニッチな人をターゲットにしていることから知名度や世間的な認知度はありません。新規ユーザーが多いわけでもなく、アクティブなサイトでもないです。

それでも閉鎖せずに残り続けていることから、淫声には長年使い続けている根強いファンが付いていることがわかります。

淫声を使ったことで「音声投稿の世界はアンダーグラウンドで奥が深い」と改めて実感しました。

関連記事

  1. 出会い掲示板

    【調査】セフレ掲示板のおすすめはどれ?実際に5サイト使った結果

    「セフレ掲示板てどうなの」「本当にセフレが作れるの?」…

  2. 出会い掲示板

    エロ掲示板のおすすめはどれ?実際に8サイト使ってみた結果や感想

    「エロ掲示板てどうなの?」「エッチな写真や出会いは楽しめる…

  3. 出会い掲示板

    ジモティーは出会い目的で使えるの?気になったから調査してみた結果

    「ジモティーは出会い目的で使えるの?」「掲示板で出会いを募…

  4. 出会い掲示板

    【リスクが高い】不倫掲示板を5サイト使ってみた結果と感想や実態報告

    「不倫掲示板てどうなの?」「本当にパートナーが見つかる?」…

  5. 出会い掲示板

    【検証】出会い掲示板を実際に14個使ってみた感想と結果やおすすめを紹介

    「出会い掲示板てどうなの?」「本当に出会えるの?」「安…

  6. 出会い掲示板

    【ご近所さんを探せ】が閉鎖!元ユーザーが代替のおすすめサイトを紹介

    セキュリティ上の問題や個人情報の取り扱い、数あるコミュニティサイトとの…

【迷ったらコレ!】後悔しないサービス

【恋活したい人】におすすめ

【婚活したい人】におすすめ

【アダルトな出会い】におすすめ

PAGE TOP