【閉鎖決定】マッチブックを2年間使った感想とサービス終了の要因

  • 「マッチブックてどうなの?」
  • 「出会える?出会えない?」
  • 「実際に使ってどうだった?」
  • 「サービスを終了する理由は?」

「運命の赤い糸は自分でひっぱるんだ」というコンセプトでリクルートが運営しているマッチブック。

残念ながら、2019年3月4日に閉鎖してサービスが終了します。

「大手企業が運営しているから安心して使えそうだ」と思ったのをきっかけに、Matchbook(マッチブック)に登録して実際に2年間使っていました。

マッチブックを使った結論を表したレーダーチャートグラフ

マッチブックを使った結論

  • 2年間で1人と出会えた
  • 恋活・婚活には良いけど、アダルトは困難
  • マッチング率は低く、費用対効果が悪い
  • 会員が少ないから閉鎖するのもしょうがない

先に結論から言います。サイトに登録してログインした第一印象は「リクルートがやってるだけあって健全だな」と感じました。アプリ内の機能をすべて使ってみたけど、悪質な業者や怪しい人は少ないです。

機能や使い心地も悪くないけど、会員数が少ないことや料金が高いことから不満に感じることも多々ありました。正直「閉鎖するのは偶然ではなく必然だ」と思っています。

Matchbook(マッチブック)に興味がある人は参考にしてください。

マッチブックを使った感想とサービス終了に繋がった要因

ここからは、マッチブックを使ってみた4つの感想とサービス終了に繋がった5つの要因についてお伝えします。

実際に登録して使ってみた4つの感想

ここでは、Matchbook(マッチブック)を実際に登録して使ってみた4つの感想を報告します。

恋活・婚活には向いているけど、アダルト目的はNG

マッチブックを利用している人は「結婚相手を探しています」「真面目なお付き合いできる方だけ連絡ください」という目的で使っている人がたくさんいます。

一般的な出会い系と比較して、単なる遊び相手や飲み仲間を募集している人は少なく、セフレやエッチ目的で使っているユーザーはほとんどいません。

アダルトな関係よりも将来を見据えたお付き合いを希望している人の方が圧倒的に多かったです。

真面目な交際を希望している人
この女性のように「次の恋愛は最後の恋にしたい」と真面目な交際を希望している人もいます。

「エッチしよう」と書き込んでいる男性や「お小遣いちょうだい」と募集している女の子は見かけません。恋活・婚活には最適だけど、アダルト目的でマッチブックを使っても出会えないから後悔することになります。

彼氏・彼女を探している同士できちんとやり取りできれば、出会えるチャンスは高いです。

相手から「いいね」してもらえず、メールのやり取りまで進まない

マッチブックでは、お互いに「いいね」と意思表示が成立しなければメールのやり取りができないシステムになっています。

僕の場合、女性から「いいね」をしてもらえることが全然ないから、メール交換まで進めないことが多々ありました。

イケメンではないけど顔写真も載せているし、プロフィールもきちんと記入しています。顔で不合格になることが多く、なかなか出会いに繋がりませんでした。

「いいね」をしてくれた女性ユーザー
このように、1日中ログインしても1人の女性からしか「いいね」をしてもらえないことがほとんどです。

ログインしていない日が続くと「いいね」がゼロの日も珍しくありません。

現実世界では「性格が良ければモテる」「顔は関係ない」と言う人もいますが、マッチブックの世界では美人やイケメンのほうが圧倒的に有利だと痛感しています。

マッチング率が低いうえに、退会する女性も多い

数ヶ月使っていると「退会する人が多いな」と感じるようになりました。

「相手が見つかった」「自分には合わなかった」と理由は様々ですが、せっかくマッチングしてやり取りしていた女性がいなくなっていくのは寂しいものです。

相手がいなくなると、また誰かとマッチングしなければいけません。すぐに成立すれば良いけどマッチング率が低いから、なかなか成立しないこともあります。

そのため、料金だけ払ってメール相手すら見つからないという時期もありました。

退会した相手のプロフ画像
このように、退会した相手とは今後一切メールができなくなります。それまで交わしてきたメールも見ることができません。時間が経つと、どんな人だったかも忘れてしまいます。

なかには退会する前にLINEや連絡先を交換してくれる優しい女性もいたけど、多くの人は何も言わずに去って行きます。

そういった一期一会の出会いが多いので、気になった人とはタイミングを見て連絡先を交換しておくことをおすすめします。

「使い続けたい」と思える魅力は感じなかった

マッチブックは悪質な出会い系ではないし、高望みさえしなければ出会えるチャンスはあります。一方で「この先、何年も使い続けたい!」と思えるほどの魅力は残念ながら感じませんでした。

出会い系としての致命的な欠点はないけど、「これは良い!」と思える大きな魅力やメリットは無かったです。

マッチブックから「リクルートが運営している」という信頼感を取り除けば、その魅力はさらに半減するでしょう。

女性からの足あとがゼロ
このように、僕のプロフィールに興味を持って覗きに来てくれた女性からの足あとがゼロの日もあります。

これでは「使い続けよう」と思えないのもしょうがありません。「いつかきっと、理想の女性と出会えるはずだ」と信じて2年間使ってきましたが、もういい加減諦めて退会しようと思います。

実際にマッチブックを使ってきたけど、僕にとって【最良の出会い系】ではありませんでした。

サービス終了に繋がった5つの要因

サービス終了に繋がった5つの要因

  1. 会員数が伸びなかった
  2. 男性ユーザーから支持を得られなかった
  3. 女性ユーザーが出会いに対して消極的
  4. 機能が少なくて満足度が低い
  5. アフィリエイターやブロガーから見放された

ここでは、Matchbook(マッチブック)のサービス終了に繋がった5つの要因について詳しくお伝えします。

【想定外】会員数が伸びなかった

会員数が予想以上に伸びなかったことは、マッチブックが閉鎖に追いやられた大きな要因の一つであることは間違いありません。

人気のある出会い系のなかには、会員数が1000万人以上いるアプリやサイトもあります(PCMAXなど)。そういった勝ち組の出会い系は会員数を公表していますが、マッチブックは非公表です。

人気が無いことを公にしたくない出会い系は具体的な数字を公表しません。マッチブックが会員数を非公表にしていることは、会員数が少ない表れです。

人気のあるサイトやアプリと比較されることを避けていたのでしょう。

【料金が高額】男性ユーザーから支持を得られなかった

高額な料金でも、それと比例して出会える率やユーザビリティが高ければ文句はありません。

費用と対価が釣り合っている出会い系であれば、閉鎖に追い込まれることはないです。

会員数が増えなかったり、退会者が増加する要因は料金に見合ったサービスを提供していないことにあります。残念ながら、マッチブックは料金が高い割に満足度は低かったです。

料金と質が見合っていれば、有料である男性ユーザーが離れることは無かったと思います。

利益優先の運営をした結果、最も大切にすべき有料会員である男性ユーザーからの支持を得られなかったのです。

【暇つぶし多数】女性ユーザーが出会いに対して消極的

「結婚相手を探している」「彼氏が欲しい」という目的でマッチブックを利用している女性ユーザーがいることは確かです。実際、真剣に出会いを探している女の子もいました。

全ての女性ユーザーが積極的に出会いを探しているわけではありません。「暇潰し程度に使ってる」「会う気はないけど、メル友が欲しい」という【出会わない系の女の子】もたくさんいます。

女性は無料で利用できるため、一部のユーザーは「なんとなく登録してみた」くらいの軽いノリで使っていました。

出会いに対して消極的だから、真剣な男性ユーザーとしては迷惑でしかありません。

【SNS機能なし】機能が少なくて満足度が低い

Facebookのような【日記】やTwitterのような【つぶやき】といったSNS機能が備わっている出会い系は使っていても楽しいし、自然と仲良くなって出会うことができます。

マッチブックのアプリには【プロフィール検索】しか相手を探す方法がなく、SNS要素がある機能は一切備わっていません。それどころか、掲示板もないのです。

ワクワクしながら異性と繋がれるコンテンツがないので、毎日ログインすると飽きてしまいます。

使い続けても楽しくないから、退会するユーザーが多かったことは容易に想像がつきました。

【集客失敗】アフィリエイターやブロガーから見放された

出会い系業界に参入して、ユーザー数を獲得する重要な集客方法の1つとして【アフィリエイターやブロガーに成果報酬を支払ってサービスを宣伝してもらうこと】が挙げられます。

マッチブックはじゅうぶんな成果報酬を支払わなかったり、承認率を低く設定していた可能性が高いです。その結果、アフィリエイターやブロガーから見放されて宣伝してもらえず、集客に失敗しました。事実、マッチブックを積極的に紹介している情報サイトはほぼ見かけません。

現在、知名度や莫大なユーザーを獲得している人気の出会い系はアフィリエイターやブロガーに高額な報酬を支払ってサービスを拡散しています。

最も重要な集客方法をおろそかにした代償がサービスの終了に繋がったと僕は確信しています。

優良出会い系とマッチブックの料金比較

項目 マッチブック 優良出会い系
男性料金 月4100円 月3000円以内
女性料金 無料 無料

マッチブックの男性料金は定額制の優良出会い系よりも1000円ほど高いです。お金を払えば会うことができるデーティングサービスとは違い、月4100円払っても必ず出会える保証はありません。

結婚相談所と比較すれば安いけど、マッチングサイト・アプリとしては高額な部類に入ります。月1000円の課金でじゅうぶん出会えるポイント制があることを考えると「高いな」と思ってしまったのが僕の本音です。

女性は基本的に無料で使うことができ、「マッチング率を高くしたい」「他の人より出会える確率を上げたい」という人は別途でオプションに加入するプランもあります。

Matchbook(マッチブック)に対する評価

ここでは、実際に使い終わったMatchbook(マッチブック)に対する【安全性】【プラス評価】【マイナス評価】について報告します。

安全性に対する評価

項目 結果 評価
デリヘル嬢 非常に少ない ★★★★★
課金誘導 やや多い ★★☆☆☆
サクラ いない ★★★★★
プライバシー保護 高い ★★★★☆
危険度 非常に低い ★★★★★

マッチブックは大手リクルートの系列会社が運営しているだけあって、安全面に関しては出会い系の中でも特に安心して使うことができます。

過剰な広告もなく、サクラを雇ったり悪質な詐欺も行っていませんが、プレミアムオプションへ加入させようと誘導してくる宣伝は邪魔でした。

一般的な出会い系と比較すれば、過度な心配をすることなく使うことのできるサービスです。

プラス評価

マッチブックに対するプラス評価

  • 20代~30代の会員が多い
  • 恋活・婚活には最適
  • 欲を出さなければ、出会える可能性あり

マイナス評価

マッチブックに対するマイナス評価

  • 男性の料金が高い
  • 美人・イケメンはライバルが多く、返信率が低い
  • 掲載写真の審査が厳しい
  • サービス終了が決定している

現在から閉鎖までの流れ

マッチブック閉鎖までの流れ

  1. 【2018年9月4日】一部商品(課金オプション)の販売停止
  2. 【2019年1月31日】全商品(課金オプション)の販売停止
  3. 【2019年3月4日】全サービス・サポート終了

これがマッチブックの現在から閉鎖までの流れになります。

期間内であれば新規登録も可能ですが、サービス終了が決定している出会い系に登録するのは賢明ではないでしょう。ユーザーは減り続けるだろうし、新規会員が増える見込みもないからです。

こういった状況だと出会える可能性は下がり続けるだけなので、あまりおすすめはできません。

リクルート敗北。出会い系業界での成功は甘くない

数々の事業で大きな成功を収めている企業のリクルートですが、閉鎖が決定した瞬間に出会い系業界では敗北者となりました。

マッチブックをリリースしてから約4年での撤退を「じゅうぶんに戦えた」と思っているのなら、それは勘違いです。世間から「優良な出会い系だ」と口コミや評価されているサービスは全て15年以上の運営歴があります。

莫大な資本と知名度がある企業が参入しても、必ず成功できるほど出会い系業界は甘くありません。事実、リクルートの他にもサイバーエージェントがリリースした出会いアプリ【キュンミー】も数年で潰れました。

ユーザーの利便性や料金の負担を真摯に考え、高い安全性や心躍る機能を提供し、本当に出会える環境を整えた出会い系でなければ勝ち残れない世界です。

マッチブックに対して「ユーザーファーストの理念を貫き通した出会い系サービスではない」という判断を世間が下した結果、残念ながら閉鎖に追い込まれました。

退会した元ユーザーからすれば「なるべくしてなった結果だ」と言われても、しょうがないでしょう。

公式サイトはこちら→Matchbook(マッチブック)

関連記事

  1. 定額制の出会い系サイト

    【再婚活・いいね婚】マリッシュに登録して実際に使った評価や感想

    「マリッシュてどうなの?」「再婚や婚活目的で使える?」…

  2. 定額制の出会いアプリ

    【趣味で繋がる】タップル誕生をダウンロードして2年間使った結果

    「タップル誕生てどうなの?」「本当に出会える?危険じゃない…

  3. 出会いアプリ

    【調査】マッチングアプリのおすすめは?実際に18個使ってみた結果

    「マッチングアプリのおすすめは?」「実際に使ってどうだった…

  4. 定額制の出会い系サイト

    【愛人・パパ活】シュガーダディを実際に使ってみた結果と5つの感想

    「シュガーダディってどうなの?」「お金持ちのパパは見つかる…

  5. Pairs【ペアーズ】

    【本音】ペアーズ(Pairs)を実際に使った感想や評価とQ&A

    「ペアーズ(Pairs)てどうなの?」「本当に出会えるの?…

【迷ったらコレ!】後悔しないサイト特集

【恋活したい人】におすすめ

【婚活したい人】におすすめ

【アダルトな出会い】におすすめ

最新記事

  1. ASOBO(アソボ)でセフレを作る3つの方法【試してわかった攻略法や注意点】
  2. ASOBO(アソボ)の料金を詳しく解説【無料ポイントを貰う方法やQ&A】
  3. ASOBO(アソボ)は危険ではない【安全である5つの理由と調査結果】
  4. ASOBO(アソボ)のサクラと業者を調査した結果【対処法や見分け方】
  5. SEXY2Shotは時代遅れ【今使うべきおすすめのサイトを紹介】
  6. PCMAXでLINE(ライン)交換を成功させる方法【注意点や業者対策】
  7. 【お得に使おう】aocca(アオッカ)の料金・ポイントを徹底解説
  8. 【危険性は低い】aooca(アオッカ)が安全である5つの理由と調査結果
  9. 【潜入調査】aocca(アオッカ)を使ってサクラや業者を探した結果
  10. 【お得なプラン紹介】ペアーズ(Pairs)の料金・ポイントの疑問解決
PAGE TOP