【イケメン優遇】Poiboy(ポイボーイ)を使った結果と3つの感想

  • 「Poiboy(ポイボーイ)てどうなの?」
  • 「出会える?出会えない?」
  • 「使ってみた評価や感想は?」
  • 「実際に使ってどうだった?」

「女の子から選ぶマッチングアプリ」と宣伝している恋活・婚活向けの出会いアプリPoiboy(ポイボーイ)。

選ばれる側の男性として出会いやすいのか興味があったので、実際に登録して使ってみました。

Poiboy(ポイボーイ)を使った結論を表したレーダーチャートグラフ

Poiboy(ポイボーイ)を使った結論

  • 安全性は高く、健全に運営されている
  • イケメン・モテ男は出会いやすい
  • 女性にとってネガティブな要素はない
  • マッチングさえすれば、出会える可能性あり

結論から言うと、こんな感じです。主導権を握れる女性にとっては「いいじゃん」と思えるシステムになっています。タイプの男性にアプローチして、お互いにマッチングすれば出会えるチャンスは高いでしょう。

選ばれる側の男性は女性から気に入られないとメールすらできません。【イケメン優遇】という悲しい現実を突きつけられた感じです。「僕のような普通の男が出会いを成功させることは難しい」と思いました。

ここからは、Poiboy(ポイボーイ)を実際に使った結果と感想や評価について詳しくお伝えします。興味がある人は参考にしてください。

Poiboy(ポイボーイ)を使った結果と感想

ここからは、Poiboy(ポイボーイ)をダウンロードして使った結果と特に思った3つの感想を報告します。

実際に登録して使ってみた結果

ここでは、Poiboy(ポイボーイ)に登録して実際に使ってみた結果をお伝えします。

使い方や料金が複雑でわかりづらい

アプリをダウンロードして使い始めたけど、Poiboyは使い方が複雑で「どうやればいいの?」と迷いました。これまで200個以上の出会い系を使ってきた僕ですら「よくわからない」と思うほど複雑なシステムだから、初心者向きではないでしょう。

使い方のレクチャーはしてくれるけど、それでも「うーん?」と思う場面が非常に多かったです。スムーズに相手を探せないから「面倒だ」とストレスも感じます。

オプションに加入するよう勧められる
このように、オプションに加入するよう勧められるケースも多いです。定額制だけど、それだけでは使いこなせない複雑な料金体系にも不満を感じました。

より快適に多くの出会いを探すには、ポイントを購入したりオプションに加入する必要があります。定額の料金に加えて、更なる課金をしなければいけないシステムは不親切と言わざるを得ません。

定額制の利点は一定の額を支払えば、あとは料金を気にしなくていいことです。ポイボーイでは、この定額制の良さが掻き消されています。

プロフィールが空欄のユーザーが多くて相手を選ぶのに困る

タイプな女性を見つけてプロフィールを覗いてみると、自己紹介や趣味などを記入せず空欄のままのユーザーが目立ちます。これでは、相手がどんな人かわからないから参考になりません。

積極的に出会いを探していれば、プロフィールは必ず入力します。ポイボーイには出会いに対して消極的なユーザーが多い印象を受けました。

プロフィールが空欄のユーザー
顔写真は載せているのに、プロフィールを全く書き込まないで空欄のままにしているユーザーがたくさんいます。これでは「アプローチしてみよう」とは思えません。

もちろん、しっかりと自己紹介を記入している人もいます。そういった人をターゲットにすれば問題ないけど、タイプの人がグッと減ってしまうから残念でした。

アピールしてもマッチング率は低い

ポイボーイでは相手とマッチングしなければメールのやり取りができないシステムになっています。そこで、自分から積極的にたくさんの女性に対して「いいね」と意思表示をしてみたところ、マッチング率は20%前後でした。

僕はイケメンでもなければ、モテ顔でもないので低いマッチング率はしょうがありません。Poiboyの女性は顔重視の人が多く、写メで候補から落とされることが多々ありました。

異性に対してアピールチャンス
このように、異性に対してアピールチャンスが1日数回貰えます。美人にアピールしても反応が貰えず、マッチングに至りません。何度もチャレンジたけど、タイプの人とマッチングすることができませんでした。

これだけ低い確率だと、出会うことは厳しいです。【男尊女卑】ならぬ【女尊男卑】のようなシステムは、女性には良いけど男性には酷なシステムになっています。

モテ男じゃないと出会えない

3日ほど粘り強く使ってみたけど「僕の顔で理想の女性と会うことは難しい」と感じました。「内面重視」「顔なんて関係ない」という女性もいると思いますが、ポイボーイでは顔が重視される傾向があります。

性格も内面もわからない異性をネット上で判断する材料は、やはり顔です。「顔なんて関係ない。性格さえ良ければ出会える」というのは、きれい事でしかありません。

女性からの足あと
3日使った時点で僕のプロフィールに興味を持って覗きに来てくれた女性からの足あとは残念ながらありませんでした。ここまでくると、さすがに僕の心も折れそうです。

ジャニーズのような爽やかなイケメンや、エグザイルのようなワイルドな顔立ちの男性ならポイボーイでもじゅうぶん出会えると思います。顔に自信のある男性なら使ってみる価値はある出会いアプリです。

結局、女性からメールは貰えなかった

結局、1週間たっても女性からメールを貰えることはありませんでした。マッチングはするものの、そこから発展して出会うことができません。

自分から積極的に誘えるシステムならチャンスはあるけど、男性は女性から気に入ってもらうしかないので、もどかしい気持ちになります。

メッセージボックスが空の状態
最後まで、僕のメッセージボックスは空のままでした。結果を残せなかったのはポイボーイが悪いのではなく、僕のスペックが悪いことが要因だと思います。

平均以上の顔立ちをしている男女が使えば、ポンポン出会えるかもしれません。マッチングアプリとしての質は悪くないから、使いこなせればチャンスはあるでしょう。

使い終わって思った3つの感想

ここでは、Poiboy(ポイボーイ)を使い終わって特に思った3つの感想をお伝えします。

女性優位のわりに容姿レベルは普通だから、選ばれる男性としては不満

相手を検索してみると、20代前半から40代まで幅広い世代ユーザーが揃っているから、相手探しに困ることはありません。会員もそれなりにいます。

女性ユーザーに美人や可愛い子が多いかといえば、そんなことはなかったです。容姿レベルは平均的で、普通の女の子ばかりでした。

美人や可愛い子に選ばれないことはしょうがないけど、一般的な容姿の女性とすらマッチングできないと男性は不満を感じるかもしれません。

業者や悪質ユーザーがいないから安心して使えた

ポイボーイにデリヘル業者や悪質ユーザーが紛れ込んでいる可能性は非常に低いです。少なくとも、僕が使っている時には見かけませんでした。

男女共に定額の料金を取っていることや、サイト内の監視をきちんと行っていることで悪質ユーザーを排除し、健全な環境を整えています。

上場企業のグループ会社が運営していることもあり、セキュリティやコンプライアンスに関しても徹底しているから、安心して使うことができます。

女性ユーザーは優越感に浸り、男性ユーザーは劣等感を感じる

男性は女性に気に入ってもらうために、少しでも写りの良い顔写真を載せたり、プロフ欄にビッシリとアピールポイントを書き込む必要があります。

相手を自由に選べる側にいる女性ユーザーは優越感に浸り、女性から選ばれるために必死でアプローチしなければいけない男性ユーザーは劣等感を感じます。

それを良しとする人なら、使っても不満はないでしょう。僕としては、そこまでして使い続ける価値を感じられませんでした。「対等な立場で出会いを探したい」と思ったのが正直な感想です。

優良出会いアプリとPoiboy(ポイボーイ)の料金比較

項目 Poiboy 優良アプリ
男性料金 月4300円 月3000円以内
女性料金 3400円 無料

Poiboyの料金体系は優良アプリと比較すると少し割高になっています。「定額を支払えば使い放題」というわけにはいきません。出会いやすい環境を整えるには、別途ポイントの購入が必要です。

定額だけでもチャンスはあるけど、返信率やマッチング率はそこまで高くはありません。poiboyでバンバン出会うには、月6000円程度の料金は必要だと思います。

「女が男を選別する」というコンセプトは面白いけど、女性にとってはプラスでも、男性からすればマイナス要因でしかありません。それなのに、男性の方が多くの料金を払わなければいけないシステムには疑問を感じます。

Poiboy(ポイボーイ)に対する僕の評価

ここでは、実際に使ってみたPoiboy(ポイボーイ)に対する【安全性の評価】【プラス評価】【マイナス評価】についてお伝えします。

安全性に対する評価

項目 結果 評価
デリヘル嬢 少ない ★☆☆☆☆
広告誘導 少ない ★★☆☆☆
サクラ いない ★☆☆☆☆
プライバシー保護 高い ★★★★★
危険度 低い ★★☆☆☆

Poyboyは一般的な出会いアプリと比較して安全性は高いです。実際に使っていても「危険だ」「近寄りたくない」と感じる利用者もいませんでした。

定額制だからサクラに騙される心配もないし、悪質な業者も見かけません。女性でも安心して使うことができるマッチングアプリです。

金銭目的の援助交際やパパ活・愛人探しといった間違った使い方を自らしなければ、危険な目に遭うことはないと思います。

プラス評価

プラス評価

  • 女性にとってネガティブな要素はない
  • イケメン・美人は出会いやすい
  • 危険なユーザーや悪質業者がいない

マイナス評価

マイナス評価

  • 男性は選ばれる立場なので出会いずらい
  • 料金がやや高い
  • 相手の情報量が少ない

運営会社はPoiboyに対して注力していない気がした

Poiboyは婚活支援事業で上場しているIBJに買収された【株式会社ダイバース】が運営しています。【ダイバースについてはこちらを参考にしてください(【YYCで有名】ダイバースが運営する7個の出会いサービス調査結果)】

僕はダイバースのサービスをすべて使ったことがあります。その経験から「ポイボーイに対して、運営会社はそこまで注力していない気がする」と感じました。

ダイバースが運営するマッチングサイトのYYC(ワイワイシー)と比較すると、機能や質に大きな差があります。実際に使い比べても、YYCのほうが使いやすいし、出会える成功率も高かったです。

その差は会員数にも表れており、Poiboyが90万人に対してYYCは1400万人を突破しています。これは運営がYYCに力を入れている結果です。

僕はYYCを7年以上使っています。今回、実際にポイボーイを使って「これならYYCでいいや」と思ったのが正直な気持ちです。

目的 登録 男性料金 女性料金
婚活・恋活 男女無料 ポイント制 完全無料

これはYYCの基本情報です。興味がある人は覗いてみて下さい。

詳細はこちら→「YYC(ワイワイシー)って結局どうなの?」に対する7年間使ってきた僕の結論

YYC(ワイワイシー)を覗いてみる(R18)

関連記事

  1. 定額制の出会いアプリ

    ペアーズ(pairs)てどうなの?実際に使ってみた結果と感想や評価

    ユーザーの多くが平均して4ヶ月で恋人ができている【ペアーズ】をダウンロ…

  2. 定額制の出会いアプリ

    【タップル誕生】は数年ぶりに「優良だ」と思えた出会い系だった

    「趣味で繋がる恋活サービス」と宣伝している出会いアプリ【タップル誕生】…

  3. 定額制の出会いアプリ

    CROSS ME(クロスミー)てどうなの?実際に使ってみた結果

    「CROSS ME(クロスミー)てどうなの?」「危ない?安…

  4. 定額制の出会いアプリ

    【閉鎖決定】マッチブックを2年間使った感想とサービス終了の要因

    「マッチブックてどうなの?」「出会える?出会えない?」…

【迷ったらコレ!】後悔しないサイト特集

【恋活したい人】におすすめ

【婚活したい人】におすすめ

【アダルトな出会い】におすすめ

最新記事

  1. 【5分で出来る!】出会い系で実際に会えた僕がしている8つの攻略法
  2. 【閉鎖決定】マッチブックを2年間使った感想とサービス終了の要因
  3. 【日記で繋がる】デジカフェに登録して使ってみた結果と感想やQ&A
  4. 【イケメン優遇】Poiboy(ポイボーイ)を使った結果と3つの感想
  5. アシュレイマディソンを調査した結果と実際に使ってみた4つの感想
  6. 【愛人・パパ活】シュガーダディを実際に使ってみた結果と5つの感想
  7. 【mixi出会い】ミクシィで出会う4つの方法と3つの攻略法
  8. 【Twitter出会い】ツイッターで出会う2つの方法と5つの攻略法
  9. 【インスタ出会い厨】Instagramで出会う3つの方法と5つの攻略法
  10. CROSS ME(クロスミー)てどうなの?実際に使ってみた結果
PAGE TOP